calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

plofile

categories

twitter

Booklog

pixiv

recommend

コミック戦国無頼 2010年 09月号 [雑誌]
コミック戦国無頼 2010年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

松永久秀「信貴山城グランギニョル」60ページ

links

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

<< 刀剣乱舞が一周年 | main | 今日、鳥が死にました。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

小袖が完成!

*twitterの再編集記事です。

この一年、和裁を習い、じわじわ縫い続けてきた小袖が完成!ぃやっほうぅぅぅ!
小袖_全身
木綿の着物暖かい!
中に着てる麻の半着も自作!
帯と裾よけがまだなのでまだ外には出られない!

普通の着物より超絶着付けも着心地も楽チンな「小袖」!
しかしまだたいした回数着てないので着付けは全然サマにならないw
まずは何度も部屋着で着てみよう…


この、対丈のように着て男性用の着流しのようにも見える小袖という着物、おそらく大方の人が見慣れないと思います。
大河ドラマが戦国時代の時に、女性キャラクターが着ている、アレだと思っていただけると近いです。真田丸超面白いね!それはさておきw
一部過去記事やtwitterと重複しますが、この小袖について。

小袖とは、現代着物の先祖であり、だいたい江戸初期まで着られていたスタイル。
おはしょりをせず、細めの腰帯で着装し、基本的に単(ひとえ)の重ね着で調整します。
(注・「夏の小袖」の諺に出てくる綿入れの袷の絹の着物とは別物です)

小袖は装束の下着だったものが、庶民の日常着となり、さらにあらゆる階級で老若男女問わず普段着として広まったもの。
身幅が広く、袖が小さいのが特徴。
初期は身八ツ口がなかったが、徐々に女性用に登場する。
これを着ていた頃はまだ正座の習慣がなく、女も胡座や立て膝がフォーマルな席でも普通です。

一言でいうと現代着物よりはるかにラフでルーズな着物。
まだ倹約令とかがない時代なので柄は超派手!
片身変わり、段変わり、袖変わりと言って、素材違いを合わせてカラフルに仕立てるオシャレも当たり前、男装、女装に近い装いも自由に試みられました。
これが、江戸初期までの小袖の生活。
(*諸説あります。日本の服飾はこと日常着に関しては大いに曖昧でテキトーな面があり、断言できない点もあります)


これがずーっと着たくて、最初は売ってないか探したりもしましたが見つからず断念、やっと小袖専門の和裁の先生を見つけ、習って作ってました。
キモノを着て生活してみたいという野望にこれで一歩近づいた…!
習っていた着物は中世服の再現というよりは、先生が現代生活に合わせて綿密にアレンジしたオリジナル小袖です。
おそらく、小袖に特化した作り方を教えてくれる和裁の先生は、今のところ日本では師匠ただ一人だと思われます…。
詳細についてはこちら→くさのめ工房

私は和裁初心者なので、たった1枚縫ったきりでは、独りでもう一度同じく縫うのは無理w
そしてだいぶ昔に忘れていたはずの着道楽の虫がまたむずむずし始めたので、これ1着で終 わ る わ け が な いwww
これからまだ勉強を続けます。

そして小袖で色々試したかったことを、これからやるつもり!
小袖_正座
あぐらも余裕ですが、やっぱり裾よけがないと若干不自由w
これから習って作る予定です。
| 手芸工作 | 14:40 | comments(0) | 岸田ましか |

スポンサーサイト

| - | 14:40 | - | スポンサードリンク |

Comment

Send a message










Trackback URL

http://mashika-k.jugem.jp/trackback/1304148

Trackback