calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

plofile

categories

twitter

Booklog

pixiv

recommend

コミック戦国無頼 2010年 09月号 [雑誌]
コミック戦国無頼 2010年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

松永久秀「信貴山城グランギニョル」60ページ

links

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

<< 自己紹介(2013.12.02現在) | main | 05/05 COMITIA108に参加予定 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

【追記:完売】通販もあり『御心やすく候べく』漫画同人誌・戦国時代の手紙の話

【2014-07-06追記:こちらの本は完売しました。ありがとうございました!】
先日2/2のコミティアにて、久しぶりに戦国ネタの新刊を出しました。 戦国時代の手紙の話をいろいろ描きました。B5版/40P漫画の本。
pixivに見本がありますので、ぜひご覧ください。
【新刊見本】『御心やすく候べく』 

久しぶりに描きたかったことを色々描いて満足しましたが、本文に解説が足りなかった気がするので少々補足。
政宗&景綱
戦国時代で、特に有名なものや当人をよく表してるもの、私が好きなものなどを選んで漫画のネタにしました。
今回、伊達政宗と家中を初めて描きましたが、手紙と言えばこの人でどうしても外すことはできませんw

そして、女性の手紙、女宛ての手紙もいくつか。
有名な、秀吉から正室の寧にあてたものなど。
寧&茶々

細川ガラシャも、直筆の手紙が複数現存する人です。
ガラシャ
悲劇の女性としてあまりに有名ですが、彼女の手紙から見えるのは、いつも周囲に気を遣う多忙な正室の日常だったりします。

そしてまた、武田信玄のあの有名なホモレターをネタにしてしまいました…。
高白斎&虎綱
今回は、乃至政彦氏著「戦国武将と男色」の大胆な説を著者ご了承のもと使わせていただきました。手紙に登場する「源助」の正体は?

そしておまけ。昨年万千代さんと彦根&関ヶ原に行ったときの漫画レポートなど。
戦国ぶらい旅
万千代さんの鉄スキルと行動力のおかげで、またあちこち行けました!

今回は全編、鉛筆で清書してみました。鉛筆がどこまで漫画絵に耐えうるか挑戦…。
私の戦国ものは、時代的な言い回しより解りやすさを優先したいので内容はかなりカジュアルだと思います。
男女世代問わず読んでいただける内容のつもりなので、どなたもぜひお手に取っていただければ幸いです。年齢フリーです。(仮にBL的ネタがあったとしても残念な下ネタでしかありませんw)
よろしければぜひご覧ください!
しかし私の手紙の読み方や解釈は、しょせん素人の相当怪しい部分が確実にあるかと思われます。文書そのものの真贋も明確には判断できません。
その手の正確さは保障できませんが、もしご覧になってお気づきの点がありましたら、その際はご連絡いただければ幸いです。

そして今回、Amazonで委託通販も始めました。
御心やすく候べく
こちらは委託手数料の関係でイベント頒布より割高になっています。
ただ、イベント来場も交通費・入場料・当日の雑費とコストがかかりますし、どうしてもイベントに来られない方にはぜひおすすめします。Amazonなので送料無料です。

そして、今後も新刊を予定しています。ご縁がありましたらよろしくお願いいたします☆
 
| 同人誌 | 14:47 | comments(0) | 岸田ましか |

スポンサーサイト

| - | 14:47 | - | スポンサードリンク |

Comment

Send a message










Trackback URL

http://mashika-k.jugem.jp/trackback/1304127

Trackback